町に広がった魚達を竜宮城へ戻そう。

39

町に広がった魚達を竜宮城へ戻そう。

多古こども園で開催したワークショップ「全身でアートうみのいろ」や多古特別養護老人ホーム・多古高等学校・学童保育所で開催したワークショップ「纏(まとい)を作る」で制作したそれぞれの纏の部品を集め、いきいき健康サロン「わぁーか ちぃーと」内で組み立てるワークショップを開催しました。

施設や高等学校で作られた纏(まとい)の部品を、参加者が協力して組み立てていきます。

多くの人の手で作られた纏(まとい)の部品を組み合わせ、色を塗って完成です。

完成した纏(まとい)と記念撮影。天気の悪い中、多くの方に来ていただきました。
完成した纏(まとい)は、たこまち水族館を竜宮城に見立てて、当日運びました。

たこまち水族館 出張ワークショップ「全身でアートうみのいろ」

多古こども園で出張ワークショップ「全身でアートうみのいろ」を開催しました。10m×110cmの布3枚を、93名の園児で海の色をテーマに塗りました。

園児達は、全身絵の具だらけになって色を塗りました。

たこまち水族館 出張ワークショップ「纏(まとい)を作る」(多古特別養護老人ホーム)

たこまち水族館出張ワークショップ「全身でアート うみのいろ」で園児達が海の色に塗った布を、多古特別養護老人ホームの利用者に、纏(まとい) の周囲に房のように垂れ下げた飾り(馬簾)に断裁・縫製いただきました。

みなさん慣れた手つきで縫製いただきました。

たこまち水族館 出張ワークショップ「纏(まとい)を作る」(多古高等学校)

多古高等学校の生徒には、纏(まとい)の頭部分を制作いただきました。電熱線カッターを使用し、発砲スチロールを魚の形にしました。

美術部を中心に参加いただきました。

たこまち水族館 出張ワークショップ「纏(まとい)を作る」(学童保育所)

学童保育所では、多古高等学校の生徒が制作した纏(まとい)の頭部分に色をつけました。

子供達は夢中になって色を塗ります。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。